具体的な方法

バランスボール男性

この加圧トレーニングという鍛錬法は、日本のあるボディビルダーがあみだした鍛錬法です。
正座で長時間座っていると痺れてしまった足から、この鍛錬法を着想したそうです。

さて、この加圧トレーニングというトレーニング法は、どのように行うものか解説していきます。
加圧トレーニングは、専用のベルトで下肢や腕に巻いて、血流の流れを悪くした状態で筋肉トレーニングをします。
そして、トレーニングが終わった直後にベルトを開放して、溜まった乳酸を開放して成長ホルモンを分泌を促すのです。

自前でするためにキットも売られていますが、一番リスクが伴わないのはスポーツジムで行うトレーニングです。
血流を悪くするというトレーニング方法の特徴から分かる通り、結構リスキーなトレーニングなので、専門のインストラクターから指導を受けたほうが良いのです。
スポーツジムで行われている加圧トレーニングは、徹底したトレーナーの管理のもとに行われます。

器具を用いた科学的なトレーニングなので、きちんとした管理のもとに行った方がより効果的です。
独自にこれを実行してしまうと、それこそトレーニング効果が薄れるどころか、筋肉が痩せ細る可能性すらあります。
加圧する圧力には、調度良い塩梅があるので、それは専門のトレーナーからアドバイスを受けながらするのが確実です。